うつ診断の申し込み【仕事をしながら通院して治療】

ウーマン

治療中の注意点

病院

どうやって判断するのか

病院でうつと診断される人は増えていますが、きちんと治療すれば改善できる病気なので、治療中は次のような事に気を付けるといいでしょう。状態は良い日もあれば悪い日もあり、特に悪いとこのまま治らないのかもと悲観的になってしまいますが、必ず治ると信じることが大切です。誰でも早くよくなりたいものですが、怪しげな民間療法などの治療は医学的に間違っている事もあるので、自分で治そうとせず医師に治療は任せましょう。何でも自分でやらないとすまない人がうつ病にかかりやすいため、うつ病と診断されたら他人に任せて自分を休めてあげる事が必要です。早く改善するためにはその環境も重要になり、家族や会社の上司に相談して環境つくりに協力してもらい、治療中は判断力が鈍るため退職や引越し、結婚などの重大な判断は病気が良くなってからしてください。治療中は抗うつ剤を飲むことになりますが、薬を飲むことに抵抗があったり副作用で辛かったりする場合には勝手に薬を止めるのではなく医師に相談する必要があります。また状態が良くなると薬も必要ないと考えてしまいますが、その場合でも飲み続ける必要があり、薬については医師に判断してもらわなければなりません。治療中は色々と気を付けることがありますが、良くなると信じ薬をきちんと飲むことが大切です。うつ病かと思ったら精神科や心療内科を受診しますが、診察や検査によってうつ病どうか診断します。うつ病の診断で最も重視されるのが問診で、患者さんの病歴や困っている事、それがいつからなのか、また生活の変化などを話してもらいます。医師は患者さんの表情を見ながら判断し、家族が一緒に病院に付き添っている場合には家族からも話を聞くこともあるので、問診は1時間以上かかる場合もあり、場合によっては1回で終わらない事もあります。また問診の他に総合病院などでは脳波、心理検査、血液検査、CT、MRIなどの検査を行う事もあり、検査はうつ病かどうか判断するためというよりは他の病気を区別するために行われます。医師は問診と検査結果をもとに診断を行い、診断が確定したら治療が始まります。治療は抗うつ剤の服用と身体を休ませてあげる事が主で、そのための環境作りが必要になります。万が一診断に不安がある場合には別の病院の医師に診てもらうのも1つの方法で、セカンドオピニオンを受ける際には今の主治医に紹介状を書いてもらい、自分で把握している症状以外にも医師が判断した情報もあるため、セカンドオピニオンの医師にきちんとした情報を伝えなければならないのです。