うつ診断の申し込み【仕事をしながら通院して治療】

ウーマン

病かどうかをチェック

カウンセリング

チェックする基準

心の不調がうつ病であるのか、一時的に調子を崩しているのかという診断は非常に重要となります。うつ病であった場合は専用の薬を投与することが考えられますが、そうでない場合は副作用を考慮して投与を行わないという選択が取られることもあります。当人にとっても自分の身に起こっている症状がうつであるかどうかを知ることは非常に重要となります。診断は病院でも受けることが出来ますが、簡単なものであればインターネット上からも行うことが可能です。うつを診断する上でポイントとなるのが常に心理的に辛い状態であるのかということです。例えば2週間というスパンで考えた時にほとんどの日において心の不調が見受けられる場合はうつ病である可能性が高く、そうでなければ一時的な不調である可能性が高いと言えます。睡眠も診断の大きな基準となります。寝つきが悪かったり、途中で目が覚めたり、あるいは逆に眠り過ぎてしまうという状態も場合によっては精神疾患の症状に含まれます。もちろん、精神的に健康な方も同様の悩みを持つ場合があるので他の項目と複合的に判断していく必要があります。クリニックでの診断では表情や声色などを判断に含められることから精度が高くなりやすくなっています。費用がかかる代わりにそういったメリットがあります。うつの診断を病院で行う場合にはやはり費用がかかります。といっても問診が中心となるため、それほど大きな費用が必要となるわけではありません。クリニックごとに異なりますが1回あたり1,500円から3,000円程度とされています。ただし、クリニックによってはそれ以上となるケースも考えられます。事前に確認してから訪れるとその点は安心できます。しかし、うつ診断においては費用よりも遥かに精度の方が重要となります。この結果が抗うつ剤の処方などに決定的な影響を与えるからです。また、間違った結果を患者さんに伝えてしまうとそれが心労を高めることにもなりかねません。これは自宅でのチェックにも言えることです。インターネット上でのうつ診断は料金がかからず気軽に行うことが出来ます。しかし、クリニックほどの精度にはやはりなりません。そのため、診断結果をそのまま鵜呑みに出来るわけではないことに注意しましょう。結果がどうであっても精神的にどうしても辛いという状況が続くのであれば心療内科などへの受診をおすすめします。費用はかかりますが、その分治療できる可能性も高まります。加えて精神疾患の治療はそのほとんどが保険診療となるので金銭的な負担は少なめとなっています。