うつ診断の申し込み【仕事をしながら通院して治療】

医療
ハートと聴診器

病気の知識を深める

うつ病は患者数が増えてきている病気ですが、種類によってあらわれる症状に違いがあることと、発症してからの時期により症状の強さが変わってきます。それらの症状を診て医師が診断をして、それぞれのタイプに合った治療が開始されます。

病院

治療中の注意点

うつ病を診断されたら必ず治ると信じ、医師の指示通しに薬を飲み続けることが大切です。医師による診断は問診が重視されていますが、病院によっては脳波や心理検査なども行いますが、診断に不安があればセカンドオピニオンを受けてみるといいでしょう。

長期戦の治療

女の人

心も不調になる

身体的な不調を訴えるのは良くあることです。心の不調を訴えることに抵抗感を持っている人はいます。また心の病と認められない人や気が付かない人もいます。誰でも罹る可能性のある心の病としてうつ病があります。本人が気付かない場合も多く、治療が遅れてしまうことがあります。なるべく早い段階で発見出来ると回復までの時間も短縮することが出来ます。症状の中には代表的な症状から、比較的個人差のある症状まで様々です。睡眠障害を訴える人や、体がだるいなど日常生活に支障をきたすような症状が出ると病院を受診します。人によっては食欲不振や頭痛など具体的な身体症状を訴える人もいます。内科で治療を進めていく中で改善が見られないことで精神科に回されるケースもあります。うつ病と診断が下されるまでには少しの時間を要します。初めて受診してすぐにうつ病と診断されることの方が少ないです。うつ病意外の精神疾患と症状が似ている場合もあり、医師は慎重に様子をみながら診断していきます。うつ病と診断されたら、担当の医師から治療に関しての話があります。多くの場合は薬物治療に入ります。比較的薬がよく効くので、ここで治療をやめてしまう人は多いです。しかし、再発しやすい病気なので慎重に取り組むことが大事です。うつ病かなと疑いがある場合は、精神科を受診し診断を受けます。最近はビジネスマンがメンタルを害するケースが多く土日診療しているクリニックも多いです。仕事をしながら通院して治療を続けることが出来ます。うつ病と診断されたらすぐに治療に入りますが、長期戦となります。なるべく通いやすい場所を選ぶと便利です。担当する医師との相性も病気の回復に大きく影響します。話しやすい医師であれば安心して治療に専念出来ます。住宅街にもメンタルクリニックがある場合があります。人気のあるクリニックは治療成績もよく、話をよく聞いてくれるクリニックが多いです。ストレス社会が懸念されている現代はうつ病を発症するビジネスマンも多く、都心部のメンタルクリニックは非常に混みあっています。うつ病は薬により比較的早く回復してきます。自己判断で完治したと決めずに担当医師に従い治療を続けていきます。再発しやすい病気と言われていますので、気持ちにゆとりを持って治療を進めていきます。初めて受診する際には、事前に電話で問い合わせをしておくと安心です。多くのメンタルクリニックでは予約診療を行っています。初回は担当する医師も患者の個性を把握したいため、詳しい情報を入手します。

カウンセリング

病かどうかをチェック

うつかどうかということは紙一重であるケースも少なくありません。その分診断の精度が非常に重要となります。有料ではあるものの精度の高いクリニックでの診断と、気軽に行えるインターネットでの診断を使い分けることが大切です。

聴診器

通い安さに注目しよう

うつ病の診断をクリニックでしてもらうためには、通いやすいかどうかや待合室の様子そして話しを聞いてくれる医者かどうかを判断してから通うようにする必要があります。通うならば、自分自身で目的を明確にしておきましょう。